Eli Lilly社と米Precision BioSciences社、遺伝病治療の開発で協力

 米Precision BioSciences社と米Eli Lilly 社は2020年11月20日、Precision社専有の「ARCUS」ゲノム編集技術を用いた研究協力および独占的ライセンスに関する契約を結んだと発表した。遺伝病に対するin vivo治療の開発を目指しており、最初の標的疾患はデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)と他の2疾患(詳細非公開)になるという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)