英AstraZeneca社、新型コロナ抗体医薬の国内治験へ向け協議中

 英AstraZeneca(AZ)社の日本法人であるアストラゼネカは2020年11月27日、研究開発戦略に関するメディアセミナーをオンラインで開催した。AZ社が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬として開発している抗コロナウイルス抗体AZD7442について、日本での治験開始に向けて医薬品医療機器総合機構(PMDA)と議論を進めていることを明らかにした。同社の田中倫夫・パンデミックワクチンプロジェクト日本リードは「グローバル第3相試験にも日本からできるだけ早く参加できるようにしたい」と語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)