會澤高圧、微生物で自己治癒するコンクリート事業を本格開始

 土木・建築用の生コンクリートや、構造などであらかじめ製造されたプレキャストコンクリートなどを事業化する會澤高圧コンクリート(北海道苫小牧市、會澤祥弘社長。以下、會澤高圧)と、同社のR&D部門であるアイザワ技術研究所(札幌市)は2020年11月16日、微生物を利用してコンクリートに生じたひび割れなどを自己修復する機能を持たるためのバイオマテリアル「Basilisk」の事業を本格的に立ち上げると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)