英AZ社、新型コロナワクチンの第2/3相の中間解析で主要評価項目達成

 英AstraZeneca(AZ)社は2020年11月23日、英University of Oxfordと共同開発している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン(開発番号:AZD1222、旧開発番号:ChAdOx1 nCoV-19)について、英国とブラジルで行われている第2/3相臨床試験の中間解析結果を発表した。主要評価項目である感染予防効果は、対照群との統計学的有意差に達したことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)