Merck社、新型コロナの治療薬を開発中の米OncoImmune社を買収へ

 米Merck社と米OncoImmune社は2020年11月23日、Merck社が子会社を通じて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬を開発しているOncoImmune社の全発行済み株式を買収することで、正式契約に合意したと発表した。一時金は現金で4億2500万ドル(約443億円)となる。買収手続きは、2020年末までに完了する見通しだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)