阪大と農研機構、理研、甘草グリチルリチンを酵母で発酵生産

 大阪大学大学院工学研究科の村中俊哉教授(理化学研究所客員主管研究員を兼任)らと農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)の石本政男研究領域長らは、漢方薬や甘味料の原料であるマメ科植物カンゾウの根(甘草)の有効成分グリチルリチンを、酵母で発酵生産する技術を開発した。Nature Communications誌にて2020年11月16日に、この研究成果を発表した。「15年ほど前から取り組んできた研究課題を完遂できた」と村中教授はコメントした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)