米CymaBay社、胆管炎へのPPARδ作動薬の第3相で良好結果

 米CymaBay Therapeutics(CymaBay)社は、2020年11月16日、原発性胆汁性胆管炎(PBC)患者を対象とした、ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体δ(PPARδ)作動薬seladelparの第3相試験(ENHANCE試験)で、ポジティブな結果を得たと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)