米C4T社、Roche社からEGFRの分解誘導薬の開発権を再取得

 米C4 Therapeutics(C4T)社は、2020年11月12日、2020年第3四半期の決算報告を行った。その中で、2016年1月にスイスRoche社と締結した標的蛋白質分解誘導薬(TPD)の共同開発に関する経過概要を開示。上皮成長因子受容体(EGFR)を標的とするTPDの開発権を、C4T社が再取得することを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)