オランザピンの糖尿病性副作用はプロインスリンの構造異常が引き金に

 京都大学大学院理学研究科の森和俊教授、蜷川暁特定助教らの研究グループは、精神病治療薬オランザピン(商品名ジプレキサ)による急速で非典型的な糖尿病の副作用が、オランザピンによる小胞体内のプロインスリン(インスリン前駆体)構造異常によって引き起こされていることを明らかにした。2020年11月17日、国際学術誌eLIFEにオンライン掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)