ベルギーGalapagos社、OncoArendi社からキチナーゼ阻害薬を導入

 ベルギーGalapagos社は、2020年11月5日、ポーランドOncoArendi Therapeutics社が開発中のキチナーゼ阻害薬(開発番号:OATD-01)について、共同開発・ライセンス契約を締結したと発表した。Galapagos社が、第1相臨床試験中のOATD-01の第2相以降の独占的ライセンスを取得し、特発性肺線維症(IPF)をはじめとする線維性疾患に対し、実用化を推進する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)