タカラバイオ、CDMOの製造能力を増強へ

 タカラバイオは、2020年11月12日、2021年3月期第2四半期の決算説明会を開催。医薬品開発製造受託事業(CDMO)の能力を増強して、事業拡大を図るため、2020年1月に本格稼働させた遺伝子・細胞プロセッシングセンター2号棟の未実装部分を整備し、2021年夏にも稼働させる計画を明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)