H.U.グループHD、2020年度上期は新型コロナ検査の拡大で増収増益

 H.U.グループホールディングス(旧みらかホールディングス)は、2020年11月10日に2021年3月期(2020年度)第2四半期の決算説明会を開催した。同社の2021年3月期上期の連結業績は売上高が前年同期比5.4%増の985億6600万円、営業利益は同41.5%増の81億4600万円、経常利益は同62.2%増の73億4200万円だった。また、特別損失として、事業構造改善費用の7億7600万円およびインドの子会社の清算損3億2200万円を計上した結果、親会社株主に帰属する四半期純利益は同100.5%増の51億200万円となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)