WHOとICMRA、新型コロナの治療薬やワクチンの拙速な開発をけん制

 世界保健機関(WHO)と主要各国の医薬品規制当局が加盟する国際連携組織のInternational Coalition of Medicines Regulatory Authorities (ICMRA)は、2020年11月6日、共同声明を出した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬およびワクチン開発が急がれている中、患者の安全性、および、確実な有効性を確保し、改めて厳格な科学的基準に基づいて審査・承認を行うための基本的行動原則について言及している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)