英研究者、新型コロナ感染後のT細胞性免疫応答は「少なくとも6カ月間は維持」

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染した無症状者、軽症者、または中等症者は、感染後少なくとも6カ月間、同ウイルスに対するT細胞免疫応答を維持していることが確認された。英公衆衛生局(PHE)、英UK-Coronavirus Immunology Consortium(UK-CIC)の共同研究チームが、2020年11月2日、生命科学分野のプレプリントサーバーのbioRχivで発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)