米研究者、栄養不足の膵がんに栄養供給していたのは神経軸索

 高致死率、難治性のがんとして知られる膵管腺がん(PDAC)において、がん細胞の生存に不可欠なアミノ酸のセリンが、神経軸索から供給されていることが明らかになった。米NYU Langone Health、米Perlmutter Cancer Centerなどの共同研究チームが見いだし、2020年11月2日のCell誌のオンライン版で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)