ジーンテクノサイエンス、J-TECとの協業で自家心臓内幹細胞の開発加速

 ジーンテクノサイエンス(GTS)は、2020年11月9日に決算説明会をオンラインで開催した。谷匡治社長は、同社が小児先天性心疾患に対して開発中の自家心臓内幹細胞(開発番号:JRM-001)について説明。JRM-001の治験薬製造などでジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)と協業を開始したことで、開発が大きく加速すると期待を込めた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)