UCSCなど、アミロイドβのニューロンへの取り組み機序をより詳細に分析

 米California大学Santa Cruz校(UCSC)などの研究グループは、アミロイドβのニューロンへの取り込みは、細胞表面に存在する正常プリオン蛋白質を介して起こること、そして取り込み時には可溶性のアミロイドβ1-30がプリオン蛋白質と結合することなどを明らかにした。これを米科学アカデミー紀要(PNAS)電子版に2020年11月2日に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)