エーザイ、アデュカヌマブ承認をFDAの諮問委員会は推奨せず

 エーザイは2020年11月5日に2021年3月期第2四半期の決算発表を行った。上期の売上収益は前年同期比5.9%増の3170億円、営業利益は同6.4%増の341億円となった。説明会で内藤晴夫最高経営責任者(CEO)は、「トップラインの売上収益は増収を確保し、自社品の拡大により売上原価比率も改善し、増益を確保した。パートナーの負担額を加味すると、売上高研究開発費率は30.7%と、研究開発に手厚い配分を行っている」と胸を張った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)