J-TEC、2021年3月期上期は新型コロナで受託事業に大打撃

 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)は2020年11月4日、2020年3月期第2四半期の決算説明会をオンラインで開催した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、再生医療受託事業が大きく減収した。畠賢一郎代表取締役社長執行役員は、再生医療等製品の研究開発に関する進捗を説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)