田辺三菱、845億円の減損損失で2021年3月期業績を大きく下方修正

 三菱ケミカルホールディングスは2020年11月4日、2021年3月期第2四半期の決算発表を行った。100%子会社の田辺三菱製薬の連結子会社であるイスラエルNeuroDerm社がパーキンソン病を対象に開発中のレボドパ/カルビドパ持続皮下注製剤ND0612について、開発計画を変更したことに伴い、その開発品に関する無形資産の一部を第2四半期決算で減損処理することになったと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)