米insitro社、ALSと前頭側頭型認知症の治療薬開発でBMS社と提携

 機械学習主導型の薬剤発見・開発会社である米insitro社は、2020年10月28日、米Bristol-Myers Squibb(BMS)社と5年間の協力契約を結んだと発表した。目的は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)と前頭側頭型認知症(FTD)に対する新たな治療薬の発見と開発に置かれている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)