厚労省、遺伝性血管性浮腫の発作抑制薬などの承認了承

 厚生労働省は、2020年10月30日、薬事・食品衛生審議会第二部会をWeb会議方式で開催。国内初となる遺伝性血管性浮腫(HAE)の発作抑制薬である、オーファンパシフィック(東京・港、シミックグループ)の「オラデオカプセル」(ベロトラルスタット)など3品目の新規承認、11品目の一部変更承認を了承した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)