アステラス、2021年3月期上期は特許切れや販売契約終了で減収減益

 アステラス製薬は、2020年10月30日、2021年3月期第2四半期の決算説明会を開催。安川健司社長は研究開発の進捗などを報告した。同社傘下の⽶Audentes Therapeutics社が開発中の遺伝⼦治療AT132(開発番号)に関して、⽶⾷品医薬品局(FDA)のクリニカルホールド(実施保留命令)に対する回答書を11月中にも提出する予定だと明かした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)