ドイツBayer社、遺伝子細胞治療の強化へAAVの基盤持つ米AskBio社を買収

 ドイツBayer社は、2020年10月26日、アデノ随伴ウイルス(AAV)を用いた遺伝子治療の統合的基盤技術を有する米Asklepios BioPharmaceutical(AskBio)社を買収すると発表した。2020年第4四半期に取引が完了する見込みで、それ以降も、AskBio社は独立して事業を継続する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)