米Mirati社、KRAS阻害薬の予備的な有効性のデータで有望結果

 米Mirati Therapeutics社は、2020年10月25日、KRAS遺伝子変異に対する選択的阻害薬のプログラムについて、予備的な結果を発表した。KRAS G12C阻害薬(開発番号:MRTX849、一般名:adagrasib)の最新の臨床データと、KRAS G12D阻害薬(開発番号:MRTX1133)の初のin vivoのデータについて、10月24日と25日にオンラインで開催された32nd EORTC-NCI-AACR Symposium on Molecular Targets and Therapeutics(ENA)で明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)