小野薬、新型コロナに対するフオイパンの第3相を年内開始へ

 小野薬品工業は、2020年10月29日、2021年3月期第2四半期の決算説明会を開催。同社が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対して開発している蛋白質分解酵素阻害薬の「フオイパン」(カモスタット)について、COVID-19の患者を対象とした第3相臨床試験を、2020年内に開始すると明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)