大阪大学とNIMS、神経保護と神経再生を促す薬剤含有シートを開発

 大阪大学と物質・材料研究機構(NIMS)、日本臓器製薬は2020年10月22日、末梢神経の損傷部位に直接巻いて神経保護と神経再生を促す薬剤含有ナノファイバーシート(HANZシート)の大量生産体制の構築に成功したと発表した。手根管症候群を対象とした治験を11月から開始する。大阪大学大学院医学系研究科の田中啓之特任教授(運動器スポーツ医科学共同研究講座)は「今回の治験は探索的試験で主に安全性を評価する。その結果を踏まえ、検証的治験を行い、申請・承認に進みたい」と意気込みを語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)