UCSF、CRISPR/Cas3で微生物ゲノムの大規模な削除や置換に成功

 米California大学San Francisco校のJoseph Bondy-Denomy氏らは、新たなCRISPRツールとしてCRISPR/Cas3の有用性を示す実験結果をNature Methods誌の電子版に2020年10月19日に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)