中外製薬、抗体医薬の研究開発にAIを活用した事例を紹介

 人工知能(AI)を利用し、情報解析などを手掛けるFRONTEOは2020年10月27日、「FRONTEO AI Innovation Forum 2020」と題したWebセミナーを開催した。そのうち、ライフサイエンス関連のセッションで、中外製薬の研究本部で創薬基盤研究部長を務める角田浩行氏が登壇。同社が創薬研究においてAIを活用している事例を紹介した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)