米Aridis社、新型コロナに対する吸入抗体医薬の前臨床試験で良好な結果

 致死的な感染症を対象に抗体医薬の開発を手掛ける米Aridis Pharmaceuticals社は、2020年10月19日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を対象として開発中の抗体医薬(開発番号:AR-711)について、前臨床試験結果を発表した。生命科学分野のプレプリントサーバーbioRχivに2020年10月14日付で発表し、ハムスター感染モデルへの吸入投与で、極めて低用量で呼吸器のウイルス負担量を検出下限以下まで減少させ、肺の病理像を改善できることを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)