アステラス製薬、「データ駆動創薬を極めたい」

 アステラス製薬は2019年に、人工知能(AI)やビッグデータ、ロボットなどを活用して創薬研究などを効率化するために、アドバンストインフォマティクス&アナリティクス(AIA)室を立ち上げた。同社のつくば研究センターでAIA室の角山和久室長が本誌の取材に応じ、AIA室での取り組みや今後の展望について説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)