キリングループ、ヒトミルクオリゴ糖を2022年から事業化へ

 キリングループは、微生物を用いた独自製法で大量生産するヒトミルクオリゴ糖(HMO)を2022年度から事業化する。2020年10月6日に都内でキリンホールディングスが開催したIRイベント「KIRIN R&D DAY 2020」にて、グループ企業の協和発酵バイオが、世界で初めて確立したHMO量産製法の技術内容などを発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)