Roche社と米Dyno社、AIで設計したAAVベクター用いる遺伝子治療を開発へ

 スイスRoche社は、2020年10月14日、人工知能(AI)を用いた合成アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターの設計技術「CapsidMap」を持つ米Dyno Therapeutics社と、共同開発・ライセンス契約を締結したと発表した。Roche社と同社グループ傘下の米Spark Therapeutics社が進めている中枢神経系疾患と肝疾患を対象とした遺伝子治療の開発に、Dyno社が協力する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)