中外製薬、Welbyの治療支援アプリでテセントリクの適正使用に向けた情報を配信へ

 中外製薬は2020年10月19日、Welby(東京・中央、比木武代表取締役)が運営するPHR(Personal Health Record)を利用した治療支援アプリの「WelbyマイカルテONC」(以下、同アプリ)で、中外製薬が販売する免疫チェックポイント阻害薬の「テセントリク」(アテゾリズマブ(遺伝子組換え))の適正使用を促すプログラムを提供すると発表した。同プログラムを通じて、患者の副作用や症状悪化を早期検知し、より良い治療につなげる狙いがある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)