京都大学iPS細胞研究財団、設立経緯や今後の展望を紹介

 公益財団法人京都大学iPS細胞研究財団(CiRAF)の高須直子業務執行理事は、2020年10月16日、横浜市で開催されたBioJapan2020のiPS細胞研究をテーマとしたセミナーに登壇。CiRAFの設立経緯や、これまでの活動、今後の展望などを語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)