宮崎大、重症の新型コロナを対象に生理活性ぺプチドの医師主導治験を開始

 宮崎大学は2020年10月9日、機械換気が必要となった重症の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者を対象に、生理活性ペプチドであるアドレノメデュリン(AM)の医師主導治験(第2a相臨床試験相当)を開始したと発表した。同大発の創薬ベンチャーであり、AMの研究開発を手掛ける、ひむかAMファーマ(宮崎県宮崎市)の新城裕司社長が2020年10月15日に本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)