米研究機関、AIで化学合成を自動化するシステムで国内提携先を探索中

 シリコンバレーの独立系非営利研究開発機関であるSRI International(以下SRI)は2020年10月13日、人工知能(AI)やロボットを利用して低分子化合物の化学合成を自動化する独自技術「SynFini」(シンフィニ)について、日本市場での提供を開始したと発表した。現在、SRIは国内において、同技術を応用した研究開発のパートナーを探索している。SRI Internationalアプライドリサーチ担当のPeter Madridバイスプレジデントは、同日開催した記者向け説明会でSynFiniの概要や今後の展望を説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)