尾身会長、日本が新型コロナをしのいでいる要因を分析

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長(地域医療機能推進機構(JCHO)理事長)は、2020年10月14日、横浜市で開催されたBioJapan2020で基調講演し、これまでの日本の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策について総括。「一般市民の協力によって、何とかここまでしのいできた」との認識を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)