中国医学科学院、新型コロナ不活化ワクチンの第1相の免疫原性など公表

 中国医学科学院(Chinese Academy of Medicine Science & Peking Union Medical College)は、2020年10月6日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)不活化ワクチンの第1a相臨床試験結果をプレプリントサーバー「medRχiv」で発表した。第1a/2a相(NCT04412538)の第1a相パートで投与された192例、28日間のデータで、用量と投与スケジュール別の中和抗体陽転率、抗体価など免疫原性の指標を明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)