島根大と不二製油、加齢に伴う認知機能低下を1日297mgのDHAが抑制

 島根大学医学部の橋本道男特任教授らと不二製油グループ本社は、1日当たり297mgのドコサヘキサエン酸(DHA)を含む乳飲料摂取が、加齢に伴う認知機能の低下を抑制することを、12カ月間のランダム化二重盲検プラセボ対照試験にて確認した。Journal of Functional Foods誌にて2020年9月11日にこの成果を発表した。不二製油が2017年に事業化した酸化劣化しにくいDHA安定化油脂「プロレア」を用いた成果だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)