米Regeneron社、新型コロナの中和抗体の抗ウイルス効果と症状改善を確認

 米Regeneron Pharmaceuticals社は、2020年9月29日、開発中の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する中和抗体(モノクローナル抗体)2種類のカクテルであるREGN-COV2(開発番号)について、非入院患者を対象に行われている第1相、第2相、第3相の一連の臨床試験を対象として、1回目の解析を行い、抗ウイルス効果や症状改善効果を確認したと発表した。投与前の血清学的な状態とウイルス量に基づき、有効性の特徴を把握することができたとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)