農水省、デジタル戦略グループ設置は8月3日

 農林水産省は、2021年度予算概算要求にて、「農林水産省共通申請サービス(eMAFF)によるデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進」で92億5400万円を盛り込んだ。2020年度当初予算の7億1900万円に比べると、13倍を超える要求だ。担当部局は、農水省の大臣官房デジタル戦略グループ。同グループは2020年8月3日に設置された。2020年9月30日に菅新政権下で新設されたデジタル庁準備室が設置された1カ月前だった。農水省で「デジタル」という文言を含む部署は、これが初めてという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)