米J&J社、新型コロナワクチンは単回接種で有効な免疫を誘導する可能性

 米Johnson & Johnson(J&J)社傘下のJanssen Pharmaceutical社が開発している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン、Ad26.COV2.S(開発番号:JNJ-78436735)について、2020年9月23日、第1/2a相臨床試験(NCT04436276)の中間解析結果が、査読前論文を公開するプレプリントサーバー「medRχiv」に掲載された。このデータに基づき、第3相臨床試験(ENSEMBLE試験、NCT04505722)の用量が決定され、単回接種の妥当性が示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)