NCGM、CCL17など新型コロナの重症化予測マーカーを複数同定

 国立国際医療研究センター(NCGM)研究所ゲノム医科学プロジェクトの杉山真也副プロジェクト長らの研究チームは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化を予測する血中マーカーとして、5種類の液性因子を同定した。2020年9月14日、研究成果がGene誌のオンライン版に掲載されたことを受け、同研究チームは、2020年9月30日、オンラインで記者会見を開催した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)