森乳のビフィズス菌A1がアルツハイマー病研究者のAlzforumに掲載

 森永乳業が開発しているBifidobacterium breve A1(以降、ビフィズス菌A1と略記)が、アルツハイマー病(AD)研究者のための国際ネットコミュニティーAlzforum(Alzheimer Research Forum)に掲載されたことが話題になっている。このコミュニティーにて特定のプロバイオティクスの説明が掲載されたのは、ビフィズス菌A1が初めてという。森乳はビフィズス菌A1をまだ事業化していないが、PubMedに掲載されるジャーナルへの論文掲載は2017年から2020年まで4年連続。今後の事業化に注目したい。健康機能を表示(ヘルスクレーム)できる機能性表示食品の制度も活用するとみられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)