Varinosが第三者割当増資で3億円を調達、本社とラボをお台場に移転

 子宮内フローラ(子宮内細菌叢)の臨床検査などを手掛けるVarinosは2020年9月25日、SMBCベンチャーキャピタルとみやこキャピタルを引受先とする第三者割当増資により3億円を調達したと発表した。2020年度の売り上げは前年に比べて5割近く伸びており、桜庭喜行社長は「今回の増資によって海外展開も視野に入れた事業拡大を目指す」と意気込みを語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)