京都大奥野教授、「ポストLINC」を法人化する方針を発表

 創薬に応用可能な人工知能(AI)の研究開発を進めるライフ インテリジェンス コンソーシアム(LINC)は、2020年9月23日から25日にかけて、これまでの研究に関する成果報告会をオンラインで開催した(23日のみ一般公開)。LINCの代表を務める京都大学大学院医学研究科ビッグデータ医科学分野の奥野恭史教授は23日の講演で、LINCの後続となるコンソーシアム(ポストLINC)について法人化する方針を示した。2021年4月に正式に発足させ、参加企業から参加費を集めて運営する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)