米Lilly社、新型コロナに対する抗体医薬、第2相でウイルス減少効果

 米Eli Lilly社は、2020年9月16日、カナダAbCellera社と共同開発している新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の中和抗体(開発番号:LY-CoV555、LY3819253)について、第2相臨床試験(BLAZE-1試験、NCT04427501)の中間解析結果を発表した。解析の結果、主要評価項目であるウイルス量の減少効果が確認され、概念実証(POC)を達成した。同社は、今回の結果について査読付き論文として発表するとともに、次のステップへ向け規制当局と協議するとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)