Evonik社、ω3を50%含む粉末素材「AvailOm」を事業化

 スペシャルティーケミカルのドイツEvonik Industries社は、ドコサヘキサエン酸(DHA)とエイコサペンタエン酸(EPA)を50%含む粉末素材「AvailOm」を事業化すると2020年9月2日(ドイツ現地時間)に発表した。DHAとEPAは、食事から摂取する必要がある脂肪酸であるω3脂肪酸の仲間。ω3を自分で合成する藻類や、藻類を摂食する魚類に、DHAやEPAは多く含まれる。Evonik社が今回、原料として魚と藻類の両方を用いたω3素材を発表した。ω3の世界市場は2019年の40億ドルから2025年に85億ドルへと、6年で2倍以上に成長すると同社は予想している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)