米Frequency Therapeutics社、低分子医薬FX-322の聴力改善効果が最長21カ月持続

 米Frequency Therapeutics社は、2020年9月13日、二重盲検方式で行われたプラセボ対象第1/2相臨床試験に参加し、低分子再生医薬FX-322を鼓室内に単回投与した軽中度から中高度の難聴患者(感音性難聴患者)を追跡調査したところ、一部に最長で21カ月後まで持続する聴力の改善が認められたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)